« August 2004 | Main | October 2004 »

September 2004

2004.09.28

いつ運動したら効率的?

同じ運動するなら効率よく運動したいものですね。
では一日のうちでどの時間帯に運動すればいいでしょうか。
夜明け近くになると起きてすぐに体を動かせるように交感神経を活性化させるホルモンが分泌されます。
これらのホルモンは脂肪組織などからブドウ糖を血中に放出する働きがあります。
ですから朝食前にウォーキングなどの有酸素運動をするとこれらのホルモンとの相互作用で効率よく脂肪が燃やすことができます。
一方筋トレなどの無酸素運動はどの時間帯が効率的でしょうか。
筋肉や骨は成長ホルモンの助けで作られますが、成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。
筋トレによって痛んだ筋肉が修復されるのも寝ている間ということになります。
だから筋トレは逆に夕方から夜の方がベストです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.16

脂肪を包んで排出・・

国立健康・栄養研究所の動物実験で「脂肪分を体内で包み込んで便と一緒に排泄する」とうたう九種類のダイエット食品に宣伝通りの明確な効果はないことが分かった、という報道がありました。
(産経新聞9/14)
実験を依頼した厚生労働省は誇大広告を禁じた健康増進法に違反する可能性もあるとして行政指導を検討している、とのことです。
実験の内容はネズミの餌にまぜ三週間摂取させて効果を調べたそうですが、ふんを分析した結果、商品を使わなかったネズミのふんより脂肪分が少し多く含まれるようになるものはあったが脂質の98%以上は体内で消化吸収されており体重の増減に明確な差はなかったということです。
いずれも通常の摂取方法ではダイエット効果が認められないと結論づけたそうです。
私も以前はこういったカロリーカット系の商品も販売していましたし、一時期愛用していました。
ラーメンなどに入れて実際に固まるかどうか調べたこともあります。
少なくとも飲み会の時などには効果はあったように思いましたけどね。
成分を見ると腸にいい成分も多数入っています。
それで便秘が改善したというような方もいました。
私はダイエットには腸が大変重要だと思っていますが腸内がきれいになることによってダイエットにつながることはあると思います。
3週間の実験で結論付けるのは少し短いような気もしますがカロリーをカットするというのは誇大広告ということでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.09.09

早食いはダメ

国立健康・栄養研究所などの研究グループが全国の女子大生1695人を対象に実施した大規模調査によると早食いの人ほど太っている傾向があることが明らかになったそうです。
とても速く食べる人はとても遅く食べる人より平均5キロ以上!体重が重かったとのこと。
よく「早食いは肥満の元」という言われますけどそれが実証されたということですね。
生活習慣や食事の内容についても調べたそうですが、早食いの人は食物繊維を取る量が少なく遅食いの人は逆に食物繊維の摂取量が多かったそうです。
「早食いの人たちは、食物繊維の少ない速く食べやすい食事をしているため、満腹感を感じる前に必要以上に食べてしまうのではないか」(同研究所)ということだそうです。

私も早食いな方ですからねぇ。
食物繊維もサプリメントでは取ってますが食事ではあまり取っていません。
平均5キロも違うならゆっくり食べる癖を付けなければいけませんね。

| | Comments (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »