« July 2004 | Main | September 2004 »

August 2004

2004.08.27

夜寝る前の食事

夜寝る前に食べると太ると言われています。
寝る前の4時間くらい前までに食事を済ませるのがいいそうですが・・
しかし以下のようなことが紹介されていました。
寝る前の食事については「夜は消化機能をつかさどる副交感神経が優位に働くため食べたものの吸収が高まり肥満につながる」との説がある。
しかし、米国の研究チームは昨年、サルを使った実験で、食事をとる時間と体重増に相関関係はなかったと発表した。
「摂取するエネルギー量が問題であり、寝る前に食べると太るというのは伝説にすぎない」としている。

寝る前に食べてもあまり関係がない?ということのようです。
基本的には摂取カロリーの方が重要だということですね。
でも基本的には出来ることなら毎日決まった時間に食事は取った方がいいと思います。
あまりに空腹だとドカ食いしてしまうこともあるでしょうしね。
規則正しい生活をした方がいいのはダイエットに限らず健康にもいいのは明らかです。
でも言うのは簡単でも実行するとなると中々難しいですけどね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.19

朝食を取った方がやせる?

朝食をきちんととった方がやせるといわれていますよね。
もちろん3食バランスの取れた食生活することは悪いはずはないと思います。
このことについて2004年8月7日の毎日新聞での記事を紹介します。

米厚生省は88~94年、朝食をとっているかどうかと朝食の品目について1万6千人以上を対象に調査した。
その結果、肥満度の判定に使う体重(キロ)を身長(メートル)の2乗で割った体格指数BMIは朝食をとっていない人の方が高い傾向になった。
食事内容では、朝食で穀類・米を中心にとっている人のBMIが最も低かった。
従来の和食の朝食は「理想の朝食」といえそうだ。 
シリアル類、果物・野菜を中心にとっている人のBMIも、朝食をとっていない人より低かった一方、乳製品や肉・卵が中心の人のBMIは、朝食をとっていない人より高かった。 
ニュージーランドなどの研究者の論文によると、食事回数と体重に明確な関係はなかった。

ということです。
結局朝食を取った方がいいですが、何をどれくらいの量を食べるかの方が重要だということですね。
和食系ならいいんですが乳製品や肉・卵が中心ならば取らない方がいいということです。
同じ取るなら和食の朝食にしたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.08.11

大腰筋

前回のあるある大辞典で大腰筋が取り上げられていました。
この筋肉は脊柱と内蔵の間にある筋肉で背骨と大腿骨を結んでいます。
体の外からは見えないので深層筋やインナーマッスルとも言われています。
大腰筋が衰えると・・腰痛になったり、結構大きな筋肉ですので基礎代謝が悪化したり、骨盤が開いてゆがんでしまったりします。
最も骨盤がゆがむのは大腰筋だけが原因ではありませんが。
骨盤のゆがみがよくないこともよく言われますよね。
結果として内臓が垂れ下がることによって下腹がでる、冷え性、便秘の原因になり、下半身が痩せにくい原因にもなります。
中々下半身が痩せない人はこの筋肉を鍛えることも必要かもしれません。
ただ深層筋ですから大腰筋の動きは外からよく見えないことから,これを専門的にトレーニングする方法はあまり考えらていないようです。
番組でもやっていましたが、普段から大またで歩く、その場で高く足を上げて足踏みする、こまめに腰をひねることや踏み台昇降運動、骨盤回し体操とかで鍛えられるようです。
普段から大またで歩くぐらいなら簡単ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.05

ファスティングの後・・

ファスティングの後、1週間と少しの間、1~2食をダイエット商品に置き換える置き換えダイエットってありますよね。
それをやっていました。
マイ○ロなどが有名ですがある意味ダイエットの王道でしょう。
摂取カロリーが減れば痩せて当然とも言えますしね。
昔もやったことがあります。
某ハー○ライフですけどね。(^^;;
ただネックはこういった商品の価格が高いこと。
2万くらいするものもあります。
あまり高くては続けられませんよね。
でも激安な商品を見つけました。
ここ1週間と少し飲んでますが甘くておいしいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »